仕事内容を教えてください。
私は4月から一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブへ出向していて、管理栄養士として地域住民の方に向けた栄養指導を行っています。例えば、ランニングクラブに加入されている元気な高齢の方々、バドミントンクラブに参加している中高生、小学校への巡回指導等、対象となる方は老若男女様々です。そのため、毎回どんな話にしたら興味を持って聞いてくれるかをイメージしながらプレゼンの内容を考えています。同じ話をしていても会によって皆さんの反応が違うので私自身も毎回反省をしながら次回に生かそうと努力しているところです。
一番心に残っている企画を教えてください。
それは出向してすぐの緊急事態宣言がきっかけになった企画です。出向当初は初めての事に戸惑うばかりでした。しかも緊急事態宣言で始めから在宅勤務。焦りばかりが募りましたが、そんな中だからこそ、「リモートワークが全国的に進む中でどうしたら地域の方々に食事の大切さを伝えられるか」をじっくり考えることができ、YouTubeでの配信というアイディアにつながりました。セレッソの皆さんと打ち合わせして、対象は誰にするか、どんな内容にするかなど、全くのゼロから映像を作る日々。特に難しく感じたのは協力してくださる方を巻き込んでいくことです。違う会社だから…とか自分に言い訳して遠慮していても、自分から発信をしないと何も変わらない。出向をして他の会社で働いたからこそ気付く事ができた点だと思います。最終的には、セレッソのコーチ陣にもたくさん協力してもらい、サッカー好きな小学生たちが楽しんで理解できるよう、工夫の詰まった仕上がりにできました。今ではセレッソの皆さんとつながりを感じさせてもらえることもあり、嬉しく思うと同時に、プロジェクトがスムーズに進むようになったと感じています。

「YouTube栄養講習会第1弾」の配信はこちら

「ミチテイク・プラス」大阪府立大学に吉田さんインタビュー掲載中

入社した理由を教えてください。
高校生の頃から将来は食に携わる仕事がしたいと思っていたので、大学は管理栄養士の養成課程へ進みました。でもいざ勉強をしてみると、勝手に抱いていた管理栄養士のイメージとは違って、医療分野などへの専門性の高さに正直驚きました。タマノイ酢の説明会に来たのは就活ナビサイトで見つけたからというきっかけでしたが、説明を聞く中で「ジョブローテーションが頻繁にある」という点が資格に拘らずいろいろな事に挑戦してみたいと思っていた私にとって、とても魅力的に映りました。また、説明会でプレゼンをしていた社員がキラキラしていて、こんな人と一緒に働いてみたいと思えたのも入社の決め手です。

Senior

十良澤 悠樹
2016年入社
経営企画部 企画開発課 チームリーダー
東北大学大学院卒

経歴

2016年4月
技術部
2017年10月
中央研究所
2018年7月
経営企画部 財政課
2019年9月
経営企画部 企画開発課 チームリーダー
現在

材料や資材を仕入れる購買チームのチームリーダーをしています。工場から製品の生産計画を貰って、その計画が滞りなく進むように、原材料やダンボールなどの資材を、コストと期限を確認しながら購入するのが主な仕事です。

実は、ずっと企画開発課で働いていた訳ではなく、色々な部署を経験してきました。入社後、はじめての配属は工場での技術チーム。その後、財政課に配属されてから、現在の部署に異動となりました。
一見、全く畑違いの部署のように思いますが、各部署での経験が今、非常に生きています。
購買の仕事をしていて、工場でトラブルが生じた際に、現場に向かい、確かめることもあります。その際に、工場内の仕組みがわかっていると、とてもスムーズに仕事が行えます。
また、大きなお金が動く業務を担当しているので、財政課で学んだ知識も役に立っています。
配属されたときは「え!?」と驚くことが多かったですが、今振り返ってみると、全てが今の仕事に生きていると思います。
また、社内での人との繋がりがたくさんあり、企画開発課のチームリーダーとして、工場や財政に頼る際も、非常に助かっています。

色々な部署を経験して気づいた事は、どこの部署でも相手が変わるだけで、大切な事は相手の立場に立って考え、行動するということです。
購買として業務を進める時に、大変な事もたくさんあります。そんな時にメンバーのひらめきや意見が突破口となる事がたくさんあります。

皆んなが前を向いて、時にはぶつかりながら、一生懸命に働いてける環境があることがとても貴重だと思っています。