学生時代のエピソードを教えてください
学生時代はサークル中心の生活をしていました。私はアカペラサークルに所属していて、大きなライブへの出場を目指して日々練習に取り組んでいました。バンドの中には積極的な人もいれば、アルバイトが忙しくてなかなか練習に来れないメンバーもいました。そのためみんなのモチベーションを同じレベルにするために話し合いを繰り返しながら目標に向かって取り組んでいました。そこで自分の意見を押し通すのではなく、相手のことも考えることについて学びました。また、目標に向かって突き進む姿勢も学生時代に身につけ、それは今でも生きているなと感じています。
仕事内容を教えてください
私は今東京支店で家庭用製品の営業をしています。4年目になって、任される範囲がかなり広くなり、主に東京のコンビニやドラッグストア、その他にも新潟、栃木、埼玉の取引先を任されています。遠方の取引先とはオンラインで商談をすることもあります。
実は最近、自分の担当取引先でもあり、会社としてここ何年間も導入したいと狙っていた大手のコンビニにビネガードリンクが採用されたんです。これまで歴代の先輩たちが作ってくださったネットワークから導入まで繋がった事が本当に嬉しかったです。
大変なことは何ですか?
チームで仕事をしているため、売り上げ目標や得意先についての情報、どこに注力するか等の情報共有がとても重要です。メンバーそれぞれに商談のアポイントがあり、時間も限られているので、チーム全員で共有することが大変です。最近は毎日時間を決めてミーティングをすることで共有の機会が増え、先輩の商談の進め方を参考にさせてもらったり、メンバーが抱えている課題をみんなで解決に向けて進めていったりしています。
今後の目標を教えてください
4年目になり、得意先に対して新たな関係を作るというよりも、今ある関係を深めるということが重要になってきました。ヒアリングや市場調査を通して、得意先や消費者のニーズを読み取り、それに合わせて競合他社に負けないような提案ができるかが勝負となり、今もこれからも挑戦しがいのある課題です。

1日のスケジュール

9:00
朝礼
10:00
午後からの商談に向け資料や試食の準備
12:00
お昼休憩
13:00
チームでミーティング(情報共有や方針の確認)
14:00
商談
15:30
帰社
上司に結果報告・次回商談準備
17:00
チームでミーティング(各メンバー結果報告)
売り上げ確認
17:50
終礼
18:00
退社

仕事紹介トップに戻る